ギャンブルは男の美学!?

多くの男性はギャンブルにハマりやすい。お金云々の損得というものもあるが、何よりも興奮したり謎の勝利した感覚が味わえるからだろう。化学物質であるドーパミンなどが簡易的に分泌されるから人々はギャンブルを嗜む。

果たして、そのギャンブルは割にあうものなのだろうか?皆さんご存知だと思うが、ギャンブルとは基礎控除というものがあり、胴元の取り分が決まっている。宝くじは約半分、競馬は約2割5分、パチンコやスロットは店により異なるらしいが2割前後くらいと聞いたことがある。

遊びでやっている内は良いのだが、生活に支障が出てくるくらいハマってしまうと元も子も無い。こういった賭博というものは生活費を手に入れるためではなく、遊びとして行わなければならない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする