喪失と再生の物語

最近は守りに入ってきてしまったと思っている。やはりネーミングが良くない気がするのだ。原点へ回帰しなくてはならない。そう、思想を垂れ流しにするという原点へだ。これは、喪失と再生の物語である。

守りに入っていた

気が付いたら書きたい事を書けない状況になっていた。何故か守りに入っていた。WEBライターとして振舞って仕事を請け負ったりしていかなければならないと思っていた。気が付いたら書きたい事が何も書けていなかった。僕はまた書き直そうと思う。この新たなる湘南隠居倶楽部で。

ネットの情報の海を泳ぐ

WEBライターという仕事をしていると、どうしても検索エンジンに引っ掛かるようなSEOを考えてキーワードがどうだとかそういった事に集中しなくてはならない。そういうのももう良いじゃないか。とにかく僕は僕が書きたい事を主張したい事を書くのだ。ネットという情報の海を泳ぎ切るのだ。

そして、伝説へ・・・

いつの日か記録よりも記憶に残る男になりたい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする