現在の自分は過去の自分の行いの総計である

貯金通帳が空っぽだとか貯蓄が無い、体がブヨブヨに太っている人がいる一方で、きちんと貯金があり、体が引き締まっている人。この違いは何なのだろうか?突き詰めるならば、過去の自分の行いの総計である。確かに家庭が裕福だ貧しいだとかのスタート地点での違いもあるかもしれない。ただ、少しの貯金や引き締まった体型というものは、きっと分別のつく大人になってからならば誰でも狙える目標である事に変わりは無いのだ。

お金と食事と運動を見直す

かく言う僕もお金の管理、食事と運動の管理は苦手である。学校に管理される事が無くなってからは若かりし頃は随分と自堕落な暮らしを送った時期もある。最近生活を見直して食事と運動を整えているのだが、案の定太ってきていた体は少し小さくなり、重くなった体重が減少し始めた。

僕が太るのは大体がメンタルが不調の時だ。自堕落になっている時だ。酒や煙草をガンガンやり、食事も外食中心になる時だ。するとどうだろうか、酒や煙草はガンガンやると家計にも当然響く。嗜む程度にやれば良いのだが、それもなかなか難しい。負のループに入ってしまう。

だから時には体重計に乗り冷静さを取り戻す。そろそろ気を引き締めないとヤバいぞと自分自身に自分でやる気スイッチを入れる。

現在の自分は過去の自分の行いの総計である

突き詰めればこういう事なのだと思う。現在の自分にもしお金が無い、太っている、友達がいない、知識が無いとなれば、それは悲しくも自分の行いが良く無かったのだ。では、どうすれば良いか?少しでもネガティブな行動をポジティブな行動に変えてみるしかなかろう。

無駄遣いをしているなら少しでも無駄遣いを減らす。太っているならば栄養を考えて食事をとり運動をする。友達がいないなら出会いの場に行く、出会ったら人に優しくする。知識が無いならば勉強や読書をして専門性や教養を付ける。

自戒の意も込めて、頑張ろうと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする