気まぐれに猫のように生きたい。

スポンサーリンク

毎日気まぐれに起きて気まぐれに寝て気まぐれにご飯食べたりして暮らしたいなと思っている。今はそういう状況ではないのか?と問われたら割と近いかもしれない。午前中の内には目覚めて、家事や軽い仕事で処理する事を処理して、健康に気を使ってスポーツクラブに行って、カフェで読書をする暮らし。毎日暮らしの中の余白が沢山あるので何で塗りつぶしていくか、何を描いていくかを自分で考えられる。

僕は気が付いたら、数年間に渡りこういった暮らしをしていて、キチンとした社会生活を送っている人からしたら本当にダメンズなのだろうけれども、仕方が無いかなという気もしている。何となく作りたい物を作って暮らしていきたい。夢は猫のように暮らす事。人生で悩んだり、辛い事が続いた人は誰もが一度はそのような事を考えるのではないだろうか。

猫みたいに気まぐれに生きたいなぁとか思うのは割と悪くない考え方だと思っていて、僕が外野から見ると世の中全体がちょっと緊張感がある気がしている。常にピリピリしていて、はみ出さないようにして歩調を合わせていて、まるで死の行進をしているかのように感じる時もある。

満員電車に乗ってスーツを着て暮らすような暮らしがずっと当たり前だと思っていたけれども、気が付いたら毎日ラフにデニムパンツにTシャツという暮らしをしている。これはきっと僕が望んでいた暮らしの形であり、このような気まぐれな生き方でなんとかのらりくらりとやっていく方法を模索し続けたい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする