複数の仕事でリスクヘッジして行こう、それが未来のスタンダードだ

スポンサーリンク

僕は仕事や収入源、生活の糧などを分散している。一つの組織に属して働くとかいう事をしていない。結果的には、カッコよく言えば(?)家族の自営業を手伝って、フリーランスをしているという言い方になるのだけれども、そこまで頑張っていない。できれば、そこまで働きたいという願望も無いし、仕事で自己実現したいという気持ちもやや弱い。僕にとっては社会は辛い場所なので、社会とその他の狭間くらいにいるのが丁度良い。

働かない方が正直言うと健康的だと思う。でも、食うためには働かなくてはいけない時もあるし、処理しなくてはいけない事があるから渋々とそういった事に手を付ける。複数の仕事をやる事を複業とかパラレルワークとかパラレルキャリアとどうやら呼ぶらしいけれども、僕はそこまでカッコいい事をしていない。

ただ、フリーの活動の方では好きな文章をブログで書き続けたいなとか、WEBコンテンツを作って少しでも知識や情報で誰かの役に立てば良いなとか、文字起こしやテープ起こしではライターさんの手伝いをできたら良いなと思って続けている。きっと、こういう仕事も幾つかは淘汰されるだろうし、仕事サーファーにならなくてはならないのだろうなと思う。

三つや四つの仕事や収入源があればいざという時にリスクヘッジになる。勤め先が潰れてもどうにかなる。フリーならば取引先が無くなったり取引中止のリスクもある。金融商品などの投資も暴落などのリスクがある。だから程よくバランスを取るのも悪くない。ポートフォリオワーカーは一般的な人に程良いと思う。

僕が勝手に考えている理想形。投資商品を購入しつつ、WEB小商いやブログ等をして、会社員やバイトをして組織に勤めるみたいな形を作っていけるのが良い働き方とか稼ぎ方だと思っている。勿論、机上の空論みたいな部分はあるけど、単純に考えて仮に一つの場所から30万円稼ぐより、三つの場所から10万円ずつとかの方が良くないかな?と思う。

今はランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングなどのサービスも少しずつ普及してきて在宅ワークや副業がしやすい時代になってきている。そういう働き方をメインに据えている人も多い。とにかく、試してみると意外な事がお金になるのでやってみる価値はある。

きっと、これから来る新時代は新しい働き方や在り方に適応できた人間が生き残り、名をはせていくのかなとか次世代へバトンをつないでいくのかなとか勝手に僕は思っている。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする