黙々と生きる。何で世の中は差別だらけなのか。

スポンサーリンク

もっと黙々と生きたいなーと思っているのだけれども、既に黙々と生きているかもしれない。最近の疑問は何で日本はこんなに差別が多いのかなという事。世界でもあるのだろうけれども、学校ではイジメだらけ、大人になってもイジメあるし、メンタルを壊すような罠が沢山ある。性差別やら人種差別も結構まだまだ強い印象だし、労働にせよ正社員と非正規社員の差別だらけ。やってられんなぁと思ってしまう。

結局は違う色の人の事を認められないのだろうなと思う。僕だってそうだ。明らかに違う毛色の人を見ると少しは警戒してしまう。でも、違うけれどもOKだよねとか、違うからスルーするねっていうスタンスで良いと思う。わざわざツッコミ入れたり攻撃したりしても分かり合えないから。

最近も芸能人のタトゥーの問題で世論は物議を醸したけど、別にどっちでも良い。もっとテキトーに考えられないだろうか。自分に関係ない事について考えるのは疲れるから、わざわざ叩きもしないし変な風には触れないし、あっ龍の絵が描いてありますね!くらいでも別に良い。

僕は働き方とか雇用の身分について敏感なのだけれども、正社員が最高!公務員安定!って思いきや、そういうのになった人も内部の序列やイジメや外部からの圧力で怯えている。もっとこう、ヒッピーの如くとまでは無理かもしれないけど、テキトーに考えられないだろうか。そもそも、さっさと同一労働同一賃金にしたり、業務委託契約とかの単発で生きる人が多い世の中に切り替えた方が余計なストレス減るんじゃないかな。社会の閉塞感に辛さを感じる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする