お金と時間は万能薬だけれども、それが全てでは無い

スポンサーリンク

余剰な時間とお金が解決してくれる事は多いと思っている。これらがあればそもそも人生の嫌な事から逃げられるよなとまで感じる。昔は苦労を若い頃から重ねた方が良いとか、努力は尊いとか本気で思っていた。一度無理をして不調を経験した今ではそこまで大事だとは思わない。できれば最低限の努力で最高のパフォーマンスを出せた方が幸せだと僕は考えている。異論は認めるけど、非効率的な事にエネルギーを割く必要は無い。

生活できるくらいのレベルで良いから安定したお金の流れがあれば嫌な事からは逃げられる。流れに乗っていて時間があれば無敵だ。マイペースに振舞える。無理して組織で働く必要も無くなる。嫌な人間関係があればバサリと切ったり逃げる事もできる。結局は目的を達成する為に必要無い事に大きなエネルギーを割き過ぎる必要は無い。

ただ、ある時期からお金って万能だしすごいけれども手段でしかないし、使えば使うほど効果は薄まるよなと感じる。僕は安いチェーン店カフェや鳥貴族のような安居酒屋が好きなのだけれども、そういった店ではカフェでは300~400円、居酒屋では2000~3000円で楽しく過ごせる。ただ、これ以上のお金をコーヒーやお酒に費やす気持ちが湧き上がってこない。きっと、自分にとっての消費の天井が低い所に設定されていて、使っても気持ち良いと感じないのだろう。だから、お金は使えば使う程幸福になれるものでも無い。

時間も同じような部分があって1日中自由過ぎると僕の場合は生活がだらけるし、やや罪悪感にも駆られる。だから意識的に単発のWEB系の仕事を入れたりスポーツクラブで筋トレを課すようにしている。時間も万能ですごいけれども、あればあるほど幸せでも無いかもしれない。

結局は自分自身が物事にチャレンジしたりできるスピリッツと、自分自身や大切な人の生活が守れるだけのお金や時間があれば良いかなという感覚が出てきていて、これが取るを足るって事なのかもしれないなと感じる。

最近は人生の目的を見失いがちだ。お金や時間を大量に稼いでもそこまで自分にとっては幸せになれないなと感じているので何かやる事を少しずつ増やしていきたいなと思う。それもきっと社会と繋がれるようなタイプのものが望ましいに違いない。例え間接的な事柄でも良い。とにかく行動をしなければなと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする