何もしていないのにただ時間が流れる。

スポンサーリンク

最近何もしていないのに時間が流れる。僕は旅行はしない。人々が好むようなテーマパークとカイベントは参加したら楽しむけど基本的には好まない。ただ独りでカフェとかで本を読んで音楽を聴いているのが好きな人なのだ。ちょっと根暗かもしれない。こういう完成なのであまり人と話が合わなくなる。働き方は違うし、世間の慣習は避けたがるし、趣味も少ないのであらゆる話題が人とズレているなと感じる。そして、気が付いたらこの余白の時間が流れている。なんて贅沢な日常だろうか。

毎日が日曜日とカ毎日がエブリデイとはこういう事を言うのかもしれない。そりゃあ処理する事は毎日のようにある。きちんと独り暮らしの家事をこなしているし、運動もしているし、仕事も分量が少ないけれどもしている。

僕がこんなに退屈を持て余しているのはきっと自由に使えるお金が無くて行動不能だからだと思っていたけれども、よく考えたらみんなそこまでお金を持っていない。学生さんと話していても必死で長期休みの期間にバイトして旅行に一回行くとかそういう話らしい。仲間と話していても確かに所得の差はあるけれどもボーナス分の差異くらいかなと感じる。

何もしていないと言っても何もしていないわけでもないのだけれども、時間が漠然と流れる。呑気にブログの文章を書けるから嬉しいけれども、無名のフリーライターの書く物なのでほぼ無価値な創作である。ただ満足度はある。何かを作っているなと自分の足跡を確かめながらそういった謎の確信を得て歩み続ける。

最近ふと思うけれども、皆何が楽しくて生きているんだろう?自分や家族との生活を必死で守る為忙しく走っているのだろうか?たまの休日をエンジョイする為に忙しく走っているのだろうか。その辺の感覚のズレを是正するか若しくはこのまま勝手にマイペースで行くかたまに悩む。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする