引き裂かれそうな夜がある。誰もがきっとそれぞれ内面的に抱えている事があって表には出さない。そして、他者の前の自分と自分の中の自分が分裂するような思いの人も多い事だろう。やるせない時は煙草を吸う。明らかに身体には良くないだろうという事はわかっているし、財布にも優しくない行為なのだが、どうしても僕は続けてしまう。

喫煙とは一種の自傷行為なのだと思う。悪い言い方をすればリストカットにも近いものを感じる。一瞬の快楽を得るために慢性的な中毒の中に身を追いやる。それでも気付いた頃には沼の底であり僕はこのような自傷行為を続けるのだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする